横浜市青葉区青葉台1-6-12カンゼームビル4F MAP

学校検診について

学校の検診では学業への影響があるかどうかを短時間で検査するために、370方式と呼ばれる以下のような方法を採用しています。

370方式による視力の判定
A 1.0以上 教室の一番後ろの席からでも黒板の文字を楽に読めます。
B 0.7以上
1.0未満
教室の真中より後ろの席にいても黒板の文字をほとんど読めますが、小さい文字になると見にくいものがあります。
C 0.3以上
0.7未満
真中より前の席でも小さな文字が半分くらいしか読み取れません。
D 0.3未満 一番前の席に座っても、眼鏡やコンタクトレンズがなければ、はっきり読み取れません。

B判定でも眼科を受診したほうが良いか?

A判定以外の場合は、必ず眼科を受診してください。お子さんが「黒板が見えているから大丈夫」といっても、視力が1.0以上でない原因が、近視遠視乱視仮性近視なのか、メガネを装用したほうが良いか、斜視弱視でないかを判定するため受診をしたほうが良いでしょう。結果、経過観察で良い場合や、視機能回復のための訓練が必要な場合、点眼治療をする場合などございます。


A判定の場合でも注意が必要です

学校検診で「A」判定でも、以下のような場合は眼科を受診してください。

  • テレビを近づいてみる  近視の可能性あり
  • 顔を傾けてみる  斜視・斜位の可能性あり
  • 目を細めてみる  近視乱視の可能性あり
  • 本を読んだり、勉強するときに、15分くらいで集中できなくなる  遠視の可能性あり

両親からの遺伝

顔つきが似るように、目も同様に似る場合があります。学校検診で問題がなくても、両親いづれかに屈折異常(近視遠視乱視斜視など)がある場合は、一度眼科を受診したほうが良いでしょう。

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました