横浜市青葉区青葉台1-6-12カンゼームビル4F MAP

加齢黄斑変性(AMD)(かれいおうはんへんせい)

症状

  • 物がゆがんで見える
  • 視界の中心、最も見たい部分がはっきりと見えなくなる
  • 視力低下

中心がゆがんで見える

中心がゆがんで見える

中心暗点

中心暗点


黄斑とは?

黄斑は網膜の中心部にあり、最も感度が高くそして最も視力のよくでる場所です。 “物を見る”ためにとても重要な働きをしています。 黄斑部から離れて周辺にいくほど感度が低くなります。

そのため周辺部の網膜に異常がおこっても、黄斑が正常であれば視力は良好なことが多いです。逆に周辺部の網膜が正常でも、黄斑に少しでも異常があると視力低下をおこしやすいのです。視力を維持するためには、この黄斑を守ることがとても大切になります。


加齢黄斑変性とは

加齢に伴って、黄斑に障害が起こる病気です。新生血管の有無によって、【委縮型】と【滲出型】の二種類のタイプに分けられます。

委縮型

加齢性黄斑変性の多くがこのタイプです。加齢により網膜色素上皮が委縮していき、網膜が障害されていきます。比較的ゆっくりと進行してきます。

滲出型

加齢黄斑変性の中では割合が少ないですが、委縮型に比べると進行が早いタイプです。加齢に伴って網膜色素上皮の下に溜まった老廃物を吸収しようとして、新生血管が発生します。急ごしらえで作られた新生血管は、非常にもろくて破れやすいのです。血管が破れて血液が網膜下に漏れ出します。黄斑の中心部まで障害が及ぶと、急激に視力が低下します。


原因

まだはっきりとした原因は解明されていませんが、多くは加齢によるものと言われています。他にも喫煙や食生活の欧米化も指摘されています。


主な検査

  • 視力検査
  • アムスラーチャート 碁盤の目が描かれた図を見て、どこがゆがんで見えるかを調べます
  • 眼底検査
  • OCT(光干渉断層計) 網膜の断層を撮影する検査です。三次元で網膜の状態を調べることができるので、黄斑の状態より的確に診断できます。

治療

委縮型

基本的には経過観察がとても大切になります。症状によっては、漢方薬を含めた薬の処方をして治療を進めていきます。このタイプは、場合によっては【滲出型】に進行する場合がありますので、定期検査を必ず受けてください。

滲出型

治療法にはいくつか種類がありますが、いずれの治療も目的は新生血管の増加を抑制し視力を維持していくことです。

新生血管が黄斑の中心部まで及んでいる場合は、外科的な手術も検討します。当院では定期検査で患者さんの病態から手術の必要性や時期を診断し、手術が必要と判断した時点で大学病院などの専門施設へ紹介しています。

※漢方治療をご希望の患者様は院長外来日に受診して下さい


サプリメント

ビタミンやミネラルなどの栄養をバランスよく摂取することが、加齢性眼疾患の予防につながるといわれています。日々の食事だけで、必要な栄養素を効果的に摂取するのは難しいかもしれません。ボシュロム社が販売しているオキュバイトにはバランスよく摂取できるようになっており、効果的なサプリメントの一つです。特に片眼に加齢性黄斑変性を発症している方には、健眼の視力維持のためにもお勧めいたします。禁煙と食事バランス、規則正しい生活を心がけましょう。

加齢黄斑変性は症状が進行すると、手術を受けても視力の大きな改善は望めなくなりますので早期発見が大切です。

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました