横浜市青葉区青葉台1-6-12カンゼームビル4F MAP

スマホ老眼(すまほろうがん)

スマホ老眼とは?

人は、目の中にある毛様体と呼ばれる筋肉を使って、水晶体と呼ばれるレンズの厚みを変えてピントを合わせています。しかし、スマホのように目に近いものを長い時間見続けていると、この筋肉が疲れて凝り固まり、動きが鈍くなってしまうため、ピント調節がうまくできなくなります。

これにより「ピントが合いづらい」、「視界がぼやける」などの老眼と同じような症状が出てきます。最近では、老眼と同じような症状である「スマホ老眼」が、子供や30代の若い人の間でも増えつつあるようです。

なお、スマホが発する強い光は、目に入る光量を制限する光彩筋にも大きな負担がかかるといわれています。


症状

スマホ老眼には、以下のような症状があります。

  • 目の疲れ
  • 目のかすみ
  • ピントが合わない
  • 肩こり・頭痛

予防・改善

スマホ老眼にならないためには「利用自体を控える」のが良いのですが、利用自体を控えるのが難しい場合は、以下の点を心がけてください。

  1. 使用時間を短くする
  2. まばたきの回数を意識的に増やす
  3. 1時間に10分は休憩する
当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました