横浜市青葉区青葉台1-6-12カンゼームビル4F MAP

3-9ステイニング(さんきゅうすていにんぐ)

角膜乱視の強い(概ね-2.00D以上の乱視)方でハードコンタクトレンズ装用者だけがなります。野球やサッカーのボールは「球面」で曲がり具合が均一ですが、ラグビーボールは「楕円」で、縦の曲がり具合と横の曲がり具合は異なります。

角膜乱視の強い方は、他の乱視のない人や軽い人よりも縦横のカーブ差が大きくなります。 楕円の眼の人に球面のコンタクトレンズをのせるとどうなるか?想像するとピッタリフィットしないのはわかると思います。角膜乱視の多くの人が、縦のカーブがきつく、横のカーブが緩くなっています。ハードコンタクトレンズのベースカーブは、角膜の曲率半径、「(縦カーブ+横カーブ)/2=平均値」に対し、+0.05〜0.1足したカーブを選定します。 そうすると、角膜の横のカーブに対して、コンタクトレンズのベースカーブがきつくなりますので、レンズのフチが角膜にあたり、角膜に傷がつくのと、結膜(白目)の横方向だけが充血します。

縦7.40mm 横7.80mm 中間値7.60mm
7.60+0.10=7.70mm → ベースカーブ7.70mmのコンタクトレンズを選定

【縦のカーブに対するフィッティング】

縦のカーブに対するフィッティング

角膜のカーブ:7.40mm
コンタクトベースカーブ:7.70mm
コンタクトのカーブの方が大きいので、フィッティングはゆるくなります。

【縦のカーブに対するフィッティング】

縦のカーブに対するフィッティング

角膜のカーブ:7.80mm
コンタクトベースカーブ:7.70mm
コンタクトのカーブの方が小さいので、フィッティングはきつくなります。

3-9ステイニング

3-9ステイニング

角膜に傷がつき、結膜は横方向だけ充血します


解決方法

  1. レンズ直径を小さくする
    メーカーや製品によって異なりますが、多くのメーカーの直径は8.8mmです。8.4mmなどに小さくすると、角膜へのあたりが少なくなり改善する場合があります。
  2. トーリック(乱視用)コンタクトレンズにする
    角膜の縦横のカーブに沿った、特殊なコンタクトレンズです。視力の矯正もよくなり、角膜へのフィッティングも改善されますので、充血や傷、異物感なども少なくなります。
  3. 当院で取り扱っているトーリックハードコンタクトレンズ
当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました