横浜市青葉区青葉台1-6-12カンゼームビル4F MAP

幼児の視力

子供の視力

生後間もない乳児は、ほとんど視力はなく、生後3ヶ月で0.01程度です。1歳で0.2、2歳で0.5前後、3歳で0.8前後、6歳で1.0まで視力がでます。また、乳幼児の場合、多くが遠視で成長とともに近視化に移行していきます。


最も重要な【3歳児検診】

視機能の発達は、6歳から遅くとも8歳までには確定します。よって、学校入学前の就学時検診で異常が見つかっても、視機能を向上させることが遅すぎる場合もあります。引っ越しや都合で受診できなかった場合は、眼科を受診するようにしてください。

*横浜市・川崎市は4歳児 <社会福祉法人青い鳥より>


子供の視力検査

小学生以上になると、大人と同じ字づまり視力表を用いて視力検査をしますが、幼児の場合には、字ひとつ視力表で検査をする場合があります。字づまり視力表だと、上下左右にも指標があり、正確に測定できない場合があります。また、字ひとつ視力表での判別が難しい場合は、絵ひとつや森実ドットカードで測定します。

幼児用視力検査表
字づまり視力表

字づまり視力表

字ひとつ表

字ひとつ表
(ランドルト環)

絵ひとつ表

絵ひとつ表
(ちょうちょ、とり、いぬ、さかな)

ハンドル

ハンドル
(子供に持たせて、同じ形に動かします)

森実ドットカード

森実ドットカード
(うさぎの目の位置を指差します)


斜視・弱視

斜視弱視のページへ


次のような症状がある場合は、眼科を受診してください

  • テレビに近づいてみる
  • 顔を傾けてみる
  • 目を細めてみる
  • 黒目の位置が、左右対称でない気がする

当院では、斜視・弱視を専門にする視能訓練士(国家資格 / ORT)が非常勤で在籍しております。大学病院での勤務・研究をするスペシャリストがおりますので、安心して受診してください。 予約制となりますので、お電話でご予約ください。
予約電話:045-988-4912

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました