横浜市青葉区青葉台1-6-12カンゼームビル4F MAP

2004年6月7日発売号

スマイル眼科クリニックの過去掲載記事

Caz

今回のテーマ 角膜炎(かくまくえん)
目に充血や痛みなどの違和感を感じたら症状が進まないうちに早めに診察を
 1.いろいろな原因で発病、とくにコンタクトレンズを使う10~20代に多い
 2.痛みはあまりなくても充血が目立つ場合は早めに受診して治療を
 3.角膜炎の予防と対策

Caz

記事サマリー

今月テーマ「角膜炎」

角膜は、黒目の部分を覆っている透明な膜のこと。角膜炎は名前の示すとおり、その角膜が炎症を起こした状態です。「角膜炎の症状は痛みや充血のほか、角膜が濁ったり、目ヤニが出る場合もあります。角膜炎は傷の深さや広がりよって症状が異なり、表面がおかされる程度の軽い傷であれば、充血や軽い痛みがある程度ですが、傷が深くなると目を開けていられないほどの痛みになったり、視力が低下する危険があります。」とスマイル眼科クリニック院長の岡野敬先生。

いろいろな原因で発症。
とくにコンタクトレンズを使う10〜20代に多い。炎症の原因は紫外線、ウィルス、細菌、コンタクトレンズ、ドライアイ、化粧品、花粉やハウスダストなどによるアレルギーなど、さまざま。紫外線による角膜炎は、いわば角膜の重い日焼けです。
ウィルス性の角膜炎は、プールやサウナなど水のある場所で感染しやすく、感染した目をゴシゴシこすったり、体力が落ちている時などに発症します。
また、ウィルスのなかでもヘルペウィルスは症状が重くなりがちなので、目の周囲にはヘルペスが出る人は要注意です。
そして、角膜炎の原因としていちばん多いのがコンタクトレンズの間違った使用。

青葉台青葉区にある青葉台駅から徒歩1分の「スマイル眼科クリニック」では、一般眼科診療(ものもらい緑内障白内障飛蚊症仮性近視ドライアイ、アレルギー疾患、眼精疲労ほか)をはじめ、コンタクトレンズ・メガネ処方など、様々な眼の病気を眼科専門医が診療いたします。

最新検査機器や漢方治療なども積極的に取り入れて、それぞれの患者さんに合わせた診療を行っています。
また、視能訓練士による検査(要予約)も行って いますので斜視や弱視でお困りの方はご相談ください。土曜 日曜 祝日も診療を行っております。

青葉台のスマイル眼科クリニックは、「優しい」「分かりやすい」「安心できる」医療サービスをご提供できるようスタッフ 一同心がけております。 また青葉台駅から近く、院内は広く、段差がありませんので、ベビーカー・車椅子でのご来院も安心です。キッズルームもありますので、ぜひご利用下さい。

所在地:神奈川県横浜市青葉区青葉台1-6-12 カンゼームビル4階/TEL:045-988-4912/土曜日、日曜日、祝日診療。夜7時まで/PC・スマートフォンからオンライン診察予約可/当日のオンラインによる順番取りも可能。

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました